Super Engineer Programing School

スーパーエンジニアプログラミングスクール(SEPS)は
未来で活躍するフルスタックエンジニアを育成しますDeveloping Full-Stack Engineers

急速に進み出したデジタル化。DXを実現する人材が少ない中で、IT人材の育成は非常に重要です。
IT人材の不足は今後ますます拡がっていくと予想されます。
アイデアを創出し、それを実現するための技術とともに、ビジネスをマネジメント出来るフルスタックエンジニアの育成が最も重要です。

このスーパーエンジニアプログラミングスクール(SEPS)は、世界をリードしている米・シリコンバレーのスーパーエンジニアから、オンラインで直接プログラミングを学ぶと共に、山形大学のデータサイエンス高次プログラムを取り入れることで、より実践的に最先端の技術を習得するスクールです。
グローバルな視点から最新技術に触れ、課題解決に挑戦し、成長する機会を提供いたします。

SEPSとは?

山形大学 国際事業化研究センター
センター長

小野寺 忠司 教授

1

工業系高校生向け フルスタック
エンジニア育成プログラム

時代のニーズに応じて工業高校は進化してきました。新しいものを生み出す点で、私たちは工業高校に大きな期待を持っています。世界最先端のスーパーエンジニア及び山形大学の高次教育プログラムにより、未来のフルスタックエンジニアの育成を行います。

工業系高校生向けフルスタックエンジニア育成プログラム
2

世界最先端!!
シリコンバレーで活躍する日本人の
スーパーエンジニアから
学べます

シリコンバレーで活躍するスーパーエンジニアから直接指導を受けることが出来ます。プログラム開発時に利用している言語「Arduino」「Processing」の基礎学習だけでなく、生徒たちのアイディアを形にする実践的な講義も行いながら、レベルアップを図ります。

シリコンバレーで活躍する日本人のスーパーエンジニアから学べます
3

山形大学のデータサイエンス
高次教育プログラムを学べます

膨大なデータの解析や複雑なシステムのコントロールに必要な、AIやディープラーニングに関する基礎技術から最先端の技術まで学ぶことができます。また、情報を発信・収集するためのWebアプリに関する技術を学ぶことができます。

山形大学のデータサイエンス高次教育プログラムを学べます
4

修了証書がもらえます

受講期間中に2回実施する発表会でプレゼンをすることを終了条件とし、修了証書を授与します。

修了証書がもらえます

SEPSで
夢を描き・実現する

スーパーエンジニアから
世界最先端の技術を学ぶ
シリコンバレーとつながる:
ネットワークカフェ
東北全域の工業高校生
と連携できる
キャリアアップにつながる
修了証書を獲得する

スーパーエンジニアプログラミングスクール 概要

●受講対象: 東北限定 工業系高校生
●受講期間: 6ヶ月(10月~3月)
●総受講時間: 合計20.5時間
事前に自己学習が必要です
●受講日: 基本毎週土曜日(日曜日の場合もあり)
応用Ⅱは集中講義になります
●受講料: 無料
●定員: 120名 
※先着順です
●受講方法: オンライン(Zoom)

カリキュラム・教材

  • シリコンバレーのエンジニアが作成したオリジナル教材および山大の高次教育プログラム
  • 講義に加えて発表会も定期的に実施し、実践力の育成を図る
  • 小型マイコンモジュールM5StickCやいくつかのセンサーを各校で購入して学習

講師紹介Lecturers

基礎編・応用編I

Shigeyuki Seko

代表講師

Shigeyuki Seko

シリコンバレー在住:23年

元ノキア中央研究所シニアリサーチャー
現在、Gadget Labo, Inc CEO
iPhoneなどモバイルデバイス関連書籍を多数執筆。
変化の激しいシリコンバレーで現地の優秀なエンジニアと同じ条件下で何度も就職活動、採用を経験し、様々な会社で活躍。
職務経験は、ハードウェア開発、ファームウェア開発、アプリケーション開発、プロトタイピング、生産技術、工場立ち上げ等と多岐にわたる。

※紹介した方以外にも複数の講師の方がいます。

応用編II

脇 克志

講師

脇 克志

山形大学理学部 教授

山形大学理学部で、数学とデータサイエンスの関連講義を担当し、数学が社会の中でどのように役立つのかを解説しています。また、山形大学データサイエンス教育研究推進センターのセンター長として、山形県内の企業や自治体と連携して、データを活用した生産性の向上に取り組んでいます。大学4年生との卒業研究では、WEBページから集めたモンテディオ山形の対戦情報と気象情報を組み合わせて、モンテディオ山形のホームでの観客数予測する研究、顔の画像と気持ちを調べるアンケート情報を組み合わせて、画像から気持ちが予測出来る可能性を調べる研究など複数のデータから新しい価値を生み出す研究に取り組んでいます。

村上 和隆

講師

村上 和隆

山形大学理学部理学科 3年生

山形大学理学部理学科データサイエンスコース在籍。
SEPSでは、後半の応用編Ⅱ講義においてPythonからDjangoそしてデータ構造とアルゴリズムまでの講義を担当します。その講義の中では、主眼を「モダンな開発には必要不可欠な技術を知ってもらう」とし非常に濃い内容を皆さんにお伝えします。
やってみないと「わからない」のと、やってみて「わからなかった」では、は全く違います。「やる」ことを選択することが、未来を拓く第一歩です。多くの皆さんの応募を僕はお待ちしています。

今吉  亮

講師

今吉 亮

IT企業役員

証券会社向け金融SIerとしてキャリアスタート。
独立しフリーランスエンジニアとして活動後「株式会社コドナス」を設立し、代表取締役に就任。
自社サービス展開と共に、ソニーグループ、リクルート等に技術提供し様々なサービスの立ち上げ・開発に参画。
2020年に「株式会社スクーミー」の取締役兼CTOに就任しEdTechを推進。

参加高校からの評価担当教員からのコメントを一部ご紹介しています
~2020年度 山形県内の工業高校を対象に試行した結果から~

参加生徒への変容はいかがですか?

わからないことを学べたことで自信をつけたと思います。プレゼンテーションもあり、生徒の発表能力も身についたと思います。講座の中でも発言できるようになりました。

(山形工業高校)


開始前はM5StickCの存在すら知らなかったが、カリキュラムを受講させていただき、大変刺激を受けたようです。現在は生徒自らM5StickCとAmazonデバイスの連携ができないかと取り組み始めました。技術的なことだけでなく、内面的にも変化があったように思われます。

(米沢工業高校)

生徒の達成感はいかがでしたか?

大変達成感があり、今回研究した内容を今後も継続していきたいと考えているとのことです。

(寒河江工業高校)


難しいことにチャレンジして達成できた生徒については大きな達成感を感じていたようである。また、目的まで達成できなかった生徒も、メンターの方からプログラムのアドバイスをもらい、ある程度の完成度に達することができたことによる達成感は感じていたようである。

(鶴岡工業高校)

具体的に目に見える効果はいかがでしたか?(大学進学、資格取得など)

3年生は受講生徒の4人が山形大学工学部情報・エレクトロニクス学科に合格しました。
2年生は3人とも、学年末の成績でクラス上位5名に入りました。また、基本情報の午前免除試験に合格、ITパスポートの合格者もいます。意欲をもって取り組めていると思います。

(山形工業高校)


3年生の参加者2名については進学を目指していたこともあり、面接等で自分のやってきた実績として話ができたようである。2名とも大学進学を達成し、新潟大学工学部と日本大学工学部に進学した。

(鶴岡工業高校)